スモールM&A

  1. HOME
  2. スモールM&A
  3. スモールM&Aの活用法

スモールM&Aの活用法

スモールM&Aの活用法

スモールM&Aは、中小・小規模企業の<br /> 経営課題をシンプルに解決します。

大企業のM&Aは、規制緩和や業界再編などを引き金として、様々な背景を伴って行われる事も多い一方で、スモールM&Aは、非常にシンプルで明快な目的を持って行われます。

スモールM&Aが行われる典型的背景の一例を以下に記載しました。自社の状況に当てはまる場合は、お気軽にご相談下さい。

後継者がいない

後継者がいない(体力的な不安が芽生え始めた)

M&Aで後継者問題を解決

後継者不在によるM&A相談は、当社で最も多い相談の一つです。中小・小規模企業は、その半数以上が後継者問題を抱えているとも言われます。特に、高度成長期を支えた各種の製造業においては、その傾向が顕著であるようです。
後継者対策で最初に連想されるのは、息子さんなどのご親族への承継ですが、昨今は以下のような問題から、親族内承継は減少傾向にあるようです。

  • 職業の多様化により、後継者に継ぐ意思がない
  • 借入金の個人保証を引き受けなければならない
  • 個人で株式を買い取る費用が捻出できない
  • 厳しい環境を乗り切る経営者としての能力に欠ける  etc
オンデックのスモールM&Aなら

オンデックの豊富なネットワークの中から、貴社の経営をお任せするのに最適なお相手を探し出し、会社の継続と発展を実現します。

実例紹介

ページトップへ

ハッピーリタイアしたい

ハッピーリタイヤをしたい

創業者利潤を獲得し、ハッピーな引退

創業者は、人生の時間の大半を、自分の会社につぎ込んでこられた方がほとんどでしょう。会社が苦しい時には、私財をも投じて、その成長と安定に心血を注がれたことだと思います。
そんな創業者の努力が対価で報われる代表的な形は「株式公開」です。株式市場に上場し、保有株式の一部を売却して創業者利潤(キャピタルゲイン)を得るわけです。
株式公開に至らない企業でも、第三者へのM&Aによって、このキャピタルゲインを実現することができます。皆様が育てた事業には、相応の価値があります。その価値は、正当に評価され、報われるべきものです。
近年は、後継者問題を抱えたオーナー様だけでなく、少し早めのハッピーリタイアを選択し、第二の人生を歩もうとされる方からのM&A相談も増加しています。

オンデックのスモールM&Aなら

スモールM&Aは、より多くの中小・小規模企業のオーナー様に、創業者利潤を得るチャンスを提供します。

実例紹介

ページトップへ

事業の選択と集中を進めたい

事業の選択と集中を進めたい

選択と集中で中核事業の強化を図る

景気好況下であれば、色々な事業機会に果敢にチャレンジしていくことも有効な選択肢ですが、現在の厳しい環境下では、経営資源の配分には細心の注意が必要です。経営資源が限られている中小・小規模企業が、異なる多くの事業分野を手掛ける事はリスクも大きく、その舵取りには相応の能力とタフネスが必要になるでしょう。自社が強化していくべき事業と、そうでない事業をしっかりと仕分けし、時には事業から撤退する判断も必要になります。
しかし、事業撤退は容易な作業ではなく、多大な労力とコストを要します。取引先や社員らの心情にも配慮せねばなりません。M&Aは、こうした負担を最小限に抑えうる、効果的な手段です。

オンデックのスモールM&Aなら

貴社にとってノンコアの事業も、それを発展的に活かせる第三者にとっては魅力的な事業です。最適なマッチングで両者のメリットを最大化します。

実例紹介

ページトップへ

経営基盤を強化したい

経営基盤を強化したい

他企業との統合で経営基盤を強化

中小・小規模企業にとって、尽きない悩みの一つが、資金力などをはじめとした経営基盤の脆弱さです。技術やアイデアには光るものがありながら、資金的余力がないために、思うような成長が果たせない企業が非常に多く存在します。
M&Aは、決してネガティブな取り組みではありません。経営基盤の脆弱さが、貴社の最大の課題であるならば、寧ろ積極的にM&Aを模索する事も視野に入れるべきではないでしょうか。他企業のグループ会社となって経営基盤を強化することは、中小・小規模企業の成長にとって非常に有効な選択肢と言えます。

オンデックのスモールM&Aなら

貴社だけが持つ独自の魅力をしっかりと分析し、弊社がそのプレゼンテーターとなって貴社をアピールします。

実例紹介

ページトップへ

他社との連携を図りたい

他社との連携を図りたい

機能を補完しあえる企業との連携

事業環境は厳しさを増し、大企業でさえ、昨日までの競合他社と手を取り合う事が当たり前の状況になっている今日。ましてや経営基盤の脆弱な中小・小規模企業が単独で生き残りをかけるのは、非常に困難な時代になってきました。
M&Aの活用方法は、売った買ったの世界ではありません。資本業務提携や持株会社方式などの形で、異なる強みを持った他者が緩やかな統合を図り、お互いの強み・弱みを補完し合えば、厳しい環境に立ち向かう競争力を得る事も可能です。

オンデックのスモールM&Aなら

相互に相乗効果のあるお相手とのマッチングだけでなく、双方のメリットを最大化しうる最適なスキームをご提案致します。

実例紹介

ページトップへ

人材や技術・ノウハウを獲得したい

他社との連携を図りたい

人材・技術・ノウハウを低コスト・低リスクで獲得

中小・小規模企業において、人材は最も重要なファクターです。
優秀な人材の確保は、大部分の中小・小規模企業の共通の悩みなのではないでしょうか。
しかも、中小・小規模企業は短期的な結果を求められます。せっかく採用した人材が機能しなかった場合のインパクトは、大企業の比ではありません。
M&Aならば、既にノウハウや技術を持った即戦力人材が、現在の事業の「売上」という裏付けもそのままに獲得することが可能です。
中小・小規模企業にとって、M&Aは「人財」を獲得する最も有効な手段であるのです。

オンデックのスモールM&Aなら

オンデックは、人材の承継に最大限配慮しています。従業員説明会の開催など、細やかなサポートで貴社のM&Aの成功を支援します。

実例紹介

ページトップへ

相乗効果のある事業へ多角化したい

相乗効果のある事業へ多角化したい

相乗効果のある事業分野への多角化

現在の事業と一定の関連がある分野の事業を譲り受けることは、M&Aが最も効果を発揮するパターンの一つです。
このタイプのM&Aは、比較的短期間でM&Aの成果が得られる傾向があります。相乗効果がイメージしやすく、M&A実行後の事業計画を綿密に練れるため、明快なビジョンのもとに事業運営が行われるためです。また、事業価値に対する判断が適正に行われるため、リスクの範囲も限定できます。
卸売業を営む企業が、同業界の小売業を営む企業を譲り受けるケースなどは、この典型と言えるでしょう。

オンデックのスモールM&Aなら

多くの過去実績に基づき、中小・小規模M&Aにおいて相乗効果が創出しやすいポイントを把握しています。M&A後の事業計画の策定支援も可能です。

実例紹介

ページトップへ

既存事業をスピーディに拡大したい

既存事業をスピーディに拡大したい

同業者とのM&Aで規模の拡大を図る

いわゆる水平型のM&Aです。
営業エリアや顧客の異なる同業者を譲り受けることで、短期間での売上の拡大と、スケールメリットによる仕入コスト・管理コストなどの削減が実現できます。最もシンプルなM&Aの形態と言えます。
スモールM&Aの分野では、運送業や人材派遣・請負業、外食業等の店舗型事業など、売上の拡大のために、必ず一定のコストが必要になる業種において、この形のM&Aが行われる傾向があります。

オンデックのスモールM&Aなら

同業者同士のM&Aは、互いの主張がぶつかり合い、交渉が難航しがちです。オンデックは常に客観的で公正な調整役として、M&Aを成功に導きます。

実例紹介

ページトップへ

新規事業に進出したい

新規事業に進出したい

新規事業への進出を低リスクで行う

M&Aは相乗効果のある事業間で行うのが基本ですので、新規事業への進出は慎重を期す必要があります。
しかし、既存事業の業界が将来的に衰退することが明白で、早期に新しい事業の柱を育てておく必要に駆られるケースもあります。
とはいえ、経験のない事業に、何のノウハウも持たずに飛び込む事は、相当のリスクとコストを覚悟せねばなりません。
M&Aは当該事業のノウハウを含めた事業の一体を譲り受けるため、新規事業の進出におけるリスクを低減する効果があります。
また、当該事業に精通した他企業との提携を同時に行うなどして、プロの協力を得られる体制を整える事で、リスクの更なる低減を図る事が可能です。

オンデックのスモールM&Aなら

どんな事業に進出すべきか、あるいはすべきでないかを皆様と一緒に考え、ベストの選択を導き出すお手伝いを致します。

実例紹介

ページトップへ

内製化を進めたい

内製化を進めたい

内製化で利益率の向上と差別化を図る

中小・小規模企業のM&Aで、最も要望の多い買収希望理由の一つです。M&Aを活用した内製化は、前述した「相乗効果のある事業分野への多角化」の一種ですが、そのニーズの多さと効果の大きさは特筆に値します。
景気の低迷を受け、中小・小規模企業には顧客からのコストダウン要請や、同業他社との差別化圧力がますます強まっています。一定の要件下においては、ファブレス型のビジネスモデルの有効性は確かにあります。しかし中小・小規模企業にとっては、製造機能を有し、顧客の多様な要求に応え得る機能を持っているか否かが、寧ろ顧客への差別化要素として重要になる傾向があるようです。
同業界のメーカーとのM&Aによって、製造機能を取り込むことで、貴社の競争力の向上が実現できます。

オンデックのスモールM&Aなら

後継者問題を抱える製造業からのご相談を多数お預かりしています。貴社が提携を望む企業に対して、直に前向きな統合提案を行う事も可能です。

実例紹介

ページトップへ

お問い合わせはこちら

  1. HOME
  2. スモールM&A
  3. スモールM&Aの活用法

お問い合せはこちら

■当社へのご相談が多い業種

各種製造業/情報通信業/運輸業/卸売業/小売業/保険業/専門・技術サービス業/飲食サービス業/生活関連サービス業/娯楽業/教育・学習支援業/医療・福祉・介護業

あらゆる業種のM&Aに対応しております。上記に記載のない業種についても、お気軽にご相談下さい。中小企業・小規模企業だけでなく、個人事業のご相談も可能です。

京商M&A市場

大商M&A市場

さかいM&A市場